ZRXにUSB電源【設置編】
2017 / 09 / 24 ( Sun )
今日は朝から、ZRXのUSB電源を取り付けます。

まずは基本計画、USB電源付属のバッテリーからの電源取り出しケーブルの+側を切断して、ここにリレーのスイッチングa接点を割り込ませます。
コイル側の+側はどこか車体側のACC(アクセサリー)電源から引くとして、-側はUSB電源の-ケーブルに割り込ませて結線します。
これで、通常はOFF、キースイッチONでUSB電源がONするという使い方ができます。

まずはACC電源の捜索を開始。
メーター回りのフロント側にはラジアルクラッチ取り付け時に分岐したACCがありますが、リヤ側には今のところ設置していません。

いろいろ調べると、ジャンクションボックスのカプラが一つ空いていて、そこがACC取り出し接点のようです。




8接点の一番右上、何も刺さっていないところがそれです。
接点にテスターを突っ込んで、キーをON、OFFさせると確かにACC電源が来ています。これを使う事にしましょう。
今後の取り出しも考えて、取り出しケーブルを作ります。




こうしておけば、何かの時に使えるかもしれません。
接点を突っ込んで、ACC取り出し成功です。




次は、配線ルートを決めましょう。
配線は車体に沿わすためタンクを外します。こうすると、配線ルートが見えるので決めやすいです。




ほぼルート決定、USBコネクタはもちろんハンドル回りの左右に振り分けて、配線はフレームに沿わせて、小物ボックス内のバッテリー近くまで持ってきましょう。
ルートが決まれば、USB電源のケーブルと前回使用したリレー、バッテリーの電源取り出しケーブルを加工します。長さもちょうどいい長さに調整します。ケーブルを束ねておくのはあまり好ましくありませんから。




これができれば設置していきます。

2ポートのUSBコネクタをそれぞれ一つはハンドル左側、主にガーミンナビゲーションの駆動につかうためこの位置に設置しました。




二つ目は、携帯電話やタブレットその他、あっRX100のカメラも充電可能なため、タンクバックなどに取り出しやすいように、ハンドル右側のこの位置に設置しました。




リレーは電源近く、ACCも接続しやすいジャンクションボックス前の隙間に設置です。




各カプラや端子を接続して、電源がきているか?、キーのON・OFFに連動するか?結線間違いでヒューズが飛んだりしないか?まずは機器を接続せずキーをON・OFF・・・
大丈夫です。
次にガーミンを接続してON・OFFしてみます。




キーOFFでは電池駆動、ONでUSB電源駆動に変わることを確認しました。

ケーブルのサポートは大丈夫か、USBコネクタの設置確認をして、タンク取り付けなど、これで完成。
新しいコクピットはこんなになりました。




小さくてあまり変わりませんが・・・(笑)
16 : 27 : 29 | バイクメンテ | コメント(0) | page top
<<ポータブルカセットプレイヤーの復活・・・再チャレンジ! | ホーム | ZRXにUSB電源>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |