真田ミュージアム
2017 / 01 / 08 ( Sun )
いい天気の三連休の初日、以前から気になっていた九度山の真田ミュージアムに行ってきました。

九度山町には私が小さい時からかわいがってもらっている叔父、叔母が住んでいますので、母、ヨメとともに新年のご挨拶でお邪魔しました。
九度山まで、今までは比較的走りやすくて時間のかからない紀の川南岸を走っても1時間半ほどかかりましたが、岩出からの京奈和道を走ると、母宅に送迎を入れても1時間と飛躍的に時間短縮になりました。

早速、真田ミュージアムを訪問します。




時間は10時半ごろですが、三連休とあってそれなりの人出を想定していましたが、思っていたほどではありません。
大河ドラマ放送中は相当だったようです。

ミュージアムは大河ドラマでもありましたが、真田家の歴史が紹介されていて、特に昌幸、幸村親子がこの九度山に蟄居を命じられたころから大阪冬の陣までの内容が濃く展示されています。

九度山などに残された資料から再現された真田親子の庵生活を再現展示されているコーナーでは、忍びの仕掛けとして、六文銭のボタンを押すと現れる囲炉裏の下の抜け階段や棚の裏の階段からも抜け階段




や、空井戸の底からの抜け道




などの工夫がされていたようです。

もちろん、大河ドラマのコーナーもあり。




約1時間40分ほどかけて一通り回りました。
ミュージアムを出るころには結構な人出でした。早くて良かったみたい。

その後は近所の叔父叔母宅で叔父が打った蕎麦や叔母の手料理などいただき、少し九度山の町内を散策します。




あっという間に夕方、お土産に柿の葉寿司をいただいて帰路につきます。
帰りも同じルート、約1時間でした。
小さいころから何度も訪れている九度山ですが、ここ数年は活気があっていいところでした。いまは空きになっている離れに移住してもいいな、と思ったりしました。叔父叔母もいつまでもお元気でいてほしいものです。
14 : 04 : 35 | 日々のできごと | コメント(2) | page top
<<原付二種の三角マーク | ホーム | 2017年の始まりです!>>
コメント
----

九度山町って、バイクでよく行くところなんですが、どうしても通り抜けるだけになってしまうことが多いところです。
でも、新しい道の駅や真田ミュージアムなど、ちょっとブームですね。
同じ道筋のせいなのか、街道筋は五條と似ていますね。
by: Rip * 2017/01/08 16:29 * URL [ 編集 ] | page top
----

Ripさん
そうですよね、九度山って高野山~高野龍神の通り道ですから、なかなか何か用でもないと立ち寄ることはないですね。
最近はホントに道の駅なんかで賑わってますけど。

小さい町ですが、私は小さいころから馴染みなのですが、話を聞くとやはり過疎化は進んでいるようです。

五条はもっと都会ではないでしょうか、市ですから(笑)
by: うえぽん * 2017/01/08 22:05 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |