洗濯機の給水バルブ
2019 / 07 / 07 ( Sun )
お久しぶりの更新、約1ヶ月ホッチッチにしていましたが、遅い梅雨入りも迎えますます夏に近づいているぐらいで、ボチボチ生きてます。

先日、この家に住み始めて時に購入し16年経過した日立の洗濯機が洗濯開始後も給水しないことが判明。もう、2回のお湯取りポンプ交換と排水ホース交換をしていますが、給水関係は初めて。

いろいろ調べた結果、給水のバルブが悪いのだろうと判断。
電磁弁が入っているようで、前調査としてその電磁弁に通電あればバルブの不具合、なければ基盤の不具合ということで、起動時の電圧を測ってみると、しっかり100Vきていました。
ということで、ネットで適合するバルブを調達。

バルブは新品交換するだけのため簡単に交換。メーカー修理だと、これだけのためにおそらく2万円ぐらいいるのかな?今回は3400円程度。

で、交換前のバルブはどうなっているのか?分解してみました。

これがバルブ。
通電でソレノイドによって水の通路が確保されて給水が始まります。




そのソレノイドを外したところ、ここの4本のネジはトルクス頭のボルトです。




さらにバルブ部を取り外し、黒いゴム分の押引きで給水か止水かのようです。




いよいよバルブ心臓部、通常はバネで押さえつけられて止水、通電でこの金属棒が引き上げられてゴム分が引き上げられて給水されるようです。




その重要なゴム部が破れています。これではゴムの前後ろが同じ水圧になって引き上げられませんね。
原因は黒いゴムの破れ、この部品だけ販売してくれたらいいのに、ないですね。




最後に弁体部分、特に悪いところはなく。




交換後はいつも通り給水されています。
この洗濯機、日立製のNW-7BYですが、以前に洗浄中の音が悪いようなのでいつ壊れるかわからない、と修理に来た電気屋に言われたことがありますが、まだ現役です。しかし、いつまでもつかわかりませんが、使えるとこまで。
11 : 17 : 34 | 日々のできごと | コメント(2) | page top
<<ツーリングマップルを新しくしました | ホーム | 令和になっての東京!>>
コメント
----

おはようございます。
洗濯機の故障を、ご自身で修理されるとは、凄いですね。
by: 神戸の頑固爺さん * 2019/07/08 08:27 * URL [ 編集 ] | page top
----

神戸の頑固爺さん、こんばんは。
はじめまして、コメントありがとうございます。
洗濯機ももう古いし、ダメでもともと、みたいな感じでやってみたら何とかなりました。
ネットでも色々と修理紹介ありましたし、今までの給水系は以外と簡単な構造で、上蓋開けたら何とかなりました。
by: うえぽん * 2019/07/08 23:48 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |