2019年いよいよ大晦日
2019 / 12 / 31 ( Tue )
2019年も今日一日で終わりです。
今年もいろんなところで楽しませていただきました。




今年の最初のツーリングは石垣島でした。真冬の関西から常夏の石垣島までPeachで飛んで、現地ではPCX125でツーリング。

来年もいろんなところで楽しみたいですね。

みなさま、良いお年をお迎えください。
14 : 02 : 24 | 日々のできごと | コメント(2) | page top
2019東北の旅【3日目】
2019 / 12 / 30 ( Mon )
昨日につづきいよいよ最終日3日目です。


2019年11月24日(日)

朝はいつもの6時に起床してやっぱりお風呂に行きます。

今回の部屋不忘庵の部屋は2階部分。2階と行っても階段の段数が半端なく、3階から3.5階ぐらいの段数があるので上り下りがツライです。

朝食は8時から、今日は朝から豪勢な朝食です。飲みたくなるぐらい・・・




湯豆腐が美味しいです。




朝の不忘閣です。今日は朝から雨。




食後はここ不忘閣の宿名にもなっている登録有形文化財で、かつてはお殿様の宿所として利用されていた不忘閣を見学できます。

飛行機の時間もあるのであまり時間はありませんが、8時45分から15分程度、宿の案内で見学できます。

さすがに年代の蔵書など歴史的な物品が並んでいます。







不忘閣からの眺めは遠くに藩主の治める仙台が見えるそうですが、今日は生憎の雨のため見えません。




見学が終われば出発です。
9時半前に宿を出て、R457からR286で宮城川崎ICから山形道と東北道、仙台南部道路と仙台東部道路で名取ICで降り仙台空港へ向かいます。

レンタカーを返却したのが10時半過ぎでした。

仙台空港ターミナルでお土産を買い、下チビはそこから仙台駅行きの電車に乗り東北新幹線で東京へ帰ります。

残り3人はPeachで関空へ。

定刻12時30分に仙台空港を飛び立ちます。




14時過ぎに関空に着陸しました。
上チビは関空で離脱、電車で堺まで。第二ターミナル駐車場からデュエットさんで帰宅します。

2019年、久しぶりの4人の家族旅行でした。楽しめました、特に鶴の湯!また行きたいなぁと思わせる宿とお湯それに食事も良かったなぁ。

本日走行距離:104km




いよいよ年末、今夜は今年最後の忘年会です。2019年あと1日。
10 : 07 : 21 | ツーリング | コメント(0) | page top
2019東北の旅【2日目】
2019 / 12 / 29 ( Sun )
昨日につづき2日目です。


2019年11月23日(土)

昨夜の二度寝は4時ごろでしたが、6時頃起床です。

その目的は、入っていないお風呂に入ること。同じ棟の奥にある個室風呂が二つあるので空いていれば入りましょう。
運よく1つが空いていたので入ります。




3人ぐらいしか入れない湯舟が一つ、と洗い場があります。これでもお湯は同じ、硫黄たっぷりの白濁湯で楽しめます。

お風呂の後の朝食は7時30分から。
こちらも田舎風の朝食です。




旅館の朝食はいつも美味しい、食べすぎ注意ですね。

食後は部屋に戻って出発準備します。
昨日、部屋に着いたとき外はもう暗くてあまりはっきり見えませんでしたが、2階の部屋からの眺めはこんな感じです。降った雪が屋根に積もりお風呂の湯気が立ち上っています。




9時半過ぎ、楽しんだ宿を出発します。




この入り口だけでなく一軒宿全体が良い雰囲気をだしています。




今日は南下、盛岡方面に戻りましょう。
県道の雪道をまたまた滑りながら走り、仙北市を抜け、R46で盛岡まで走ります。盛岡ICから東北道を今日は南下します。

花巻JCTで釜石道に入り、花巻空港ICで降ります。

そして、着いたところが宮沢賢治記念館。少しお勉強タイムです。




12時過ぎから記念館で宮沢賢治の歴史と世界を教わります。1時間程度の滞在でしたが、この時間では足りないぐらいでした。
お昼もまだでしたので、同じ敷地にある、注文の多い料理店 山猫軒でいただきます。




なんてないレストランですが、時間的に便利でしたので行ってみました。
本当は北上市まで足を延ばして食べたかったんですが仕方ない、かつ丼をいただきました。




食後は今日のお宿に向かいます。
東北道の花巻南ICから乗って南下、しばらく走って奥州市あたりから雨がポツポツし栗原市あたりでは本格的に雨になりました。

仙台を通り過ぎて山形道に入ります。今日もナビの宿到着時間は17時過ぎ、ちょっと設定が遠すぎたか?

宮城川崎ICで降りて蔵王方面にR286とR457を走り繋ぎます。
ホントに蔵王の麓、今日の宿は青根温泉 不忘閣です。古い宿で旧伊達家が湯治を楽しんだ宿だとか。

バイク雑誌に載っていたから泊まりたかった宿です。




到着はやっぱり暗くなってしまいました。

この宿にもお風呂がたくさんあって楽しめます。
部屋は二間続きの部屋で、4人で過ごすには十分に大きすぎ。
早速お風呂に行きます。

貸切風呂も2ヶ所、そのうち1ヶ所、亥之輔の湯が空いていたので入ります。




半露天風呂で二人が湯舟に入ると一杯になる大きさでした。
湯は無色透明のお湯です。

そして他のお風呂にも入りましたが、途中でもう一つの貸切風呂、蔵の湯が空いていたので入ります。
昔の蔵を改装したお風呂です。蔵の前を通って一番奥の蔵にお風呂があります。







大きなお風呂貸し切りです。

そして一番大きな湯舟の大湯です。




お風呂の後はもちろん夕食。




今日も上チビと日本酒を飲んだくれました。ヨメには酒代かかってたまらんと・・・

食事処の横には不忘閣を見上げる休憩処がありました。雑誌で見かける場所です。




夕食後は部屋に戻って、またまたお風呂に行って部屋飲み。その後はすぐに寝てしまいますzzz

本日走行距離:295km





3日目につづく~
10 : 45 : 57 | ツーリング | コメント(0) | page top
2019東北の旅【1日目】
2019 / 12 / 28 ( Sat )
昨日で2019年のお仕事終了、今日から9連休。ですがアッという間にすぎてしまうんだろうな。
さて、11月に入ってからバタバタの連続、ブログの余裕さえない日が続いていましたが、ようやく休みに入って余裕ができました。
そんなバタバタの中、約1か月前の11月に何とか行けた家族旅行を記録しておきます。


2019年11月22日(金)

以前からゆっくり行きたかった冬の東北の旅です。今回は家族で、ヨメと上チビは関空からPeachで、下チビは東京から東北新幹線で仙台入り、仙台空港で待ち合わせをしました。
この時期なので、手段はバイクや車ではなく飛行機、まあ現地ではレンタカーですけどね。

5時半ごろに自宅を出て阪和道、関空道で関空第二ターミナル駐車場へデュエットさんを預け、ターミナルへ。
ここで上チビと合流。

定刻7時45分の仙台行きに乗りました。




仙台空港到着も定刻通り、ターミナルでレンタカーお迎えを待ち、その間に下チビと無事に合流。
レンタカーのFITを借りて走りだしたのが9時半過ぎでした。

名取ICで仙台東部道路に入り、仙台北部道路を通って東北道に入ります。そのまま北上、志波姫PAで休憩しましたが、見事な紅葉でした。




さらに東北道を北上、一関ICを降りたのが11時過ぎ。ここで早い目ランチにします。
ちょっと洋食が食べたいと思っていたので、調査済みの「ミートレストラン格之進」へ入りました。

おススメランチのハンバーグホイル包み焼き定食。




上チビだけいろいろ入ったもの食べてた。

食後は観光しましょう。

一関と言えば世界遺産の中尊寺。私は以前行ったことありますが、家族は初めて。




参道もやっぱりきれいな紅葉が続いています。以前来た時もこの時期だったと思います。




中尊寺本堂でお参り。




さらに歩いて紅葉を楽しみます。




いよいよ金色堂まで来ました。1124年に建てられてその当時のものを保存するように覆いの建物が建てられています。今の覆いは1965年に鉄筋コンクリートで作られたようです。中の金色堂が建てられた数十年後には保存のための覆いが建てられていたようです。
当時から保存意識が高かったのでしょうね。




金色堂と併設されている宝物館を見学して中尊寺をあとにします。

時間は14時過ぎ、今日のお宿を目指します。
平泉前沢ICから再度東北道に乗り、40分ほど走って盛岡ICを出たのが15時過ぎ。明るいうちにたどり着けるのか?と思っていました。なんせナビの到着予定時間が17時を過ぎていたのですから・・・

盛岡ICからR46を西に進みます。まずまずの流れ、できるだけ早く到着したいのでなんとなくアクセル踏み込み気味。

仙北市で北に折れ、ちょっとショートカットしてR341を少しだけ走り、今度は道路の左右に雪を見ながら県道r127、r194と走り途中で左折。今度は雪道になり、でこぼこ道で滑りながら走っています。スタッドレスタイヤだから大丈夫です。

そしてようやく予定より30分ほど早く16時30分過ぎに到着。

以前から泊まりたかった乳頭温泉 鶴の湯。それも雪のある時期に。




少し雪は少ないですが、それでも雰囲気バツグンです。ヨメも上チビも下チビも大喜び、もちろん私も。

8月に予約した時は3人までが宿泊できる2号館しか空きがなく、本当は本陣という囲炉裏のある部屋に泊まりたいのでキャンセル待ち。9月に電話した時もまだ空きがなかったので、別の松川温泉を保険として予約しておきました。9月に入っていよいよ鶴の湯をキャンセルしておかなければ、と電話したところ本陣は空いてないにしても4人が泊まれる1号館が空いている、とのことだったので予約を継続しておきました。で、松川温泉はここでキャンセル。
結局、本陣はやっぱり空きがなく、1号館の4人が泊まれる部屋をいただきました。

お風呂を楽しみたいので、早速お風呂。

白湯、黒湯、混浴露天風呂とはしごします。黒湯は源泉から一番近いため少し高温の湯ですが、白湯は適度な湯加減、混浴露天風呂は湯舟の玉砂利の下から熱い湯が沸き出ています。
硫黄の匂いがすごくする白濁湯です。今まで入った温泉でここの硫黄臭が最高にします。

もっと早く宿に来ればよかったとここで後悔。

そして夕食。
夕食は山料理、どれも田舎風で美味しくいただきました。




特に芋の鍋は最高に美味しかった。芋のような餅のような食感の芋でした。




そして美味しい料理のお供はやっぱりお酒、ヨメと下チビはすこしだけ、ほとんど上チビといただきました。




食後は部屋に帰って横になると、あっという間に落ちてしまいました。たぶん9時半頃zzz

・・・

その後、はっと目を覚ましたのが2時過ぎ。お風呂行こ。

混浴露天風呂は貸し切り、ゆっくり楽しむ時間です。とてもきれいな星空、サイコーです。




一旦部屋に戻ると上チビが起き出し、一緒にもう一度お風呂に逆戻り。
そして、部屋に戻る途中でヨメに遭遇。お風呂に行くらしい。

部屋に戻ってちょっと寝ます、二度寝なのか?おやすみーzzz

本日走行距離:259km




2日目につづく~
14 : 38 : 24 | ツーリング | コメント(0) | page top
| ホーム |