KSRの冷却水・・・しまなみの顛末
2016 / 11 / 23 ( Wed )
事の始まりは去年のしまなみツーリングから帰ってから。

KSRの冷却水リザーブタンクの水量が多いことに気が付きました。この時は上限ラインから上蓋までの間の2/3ぐらいまで水位が上がっていました。
もちろん水温度は常温です。
ラジエターキャップを開けて見ると、口一杯まであるはずの冷却水がありません。ラジエター上部に空間ができていて、キャップを開けたときに空気を吸い込むような「シュッ」という音がしたように思います。

リザーバータンクの水位オーバーしている冷却水をラジエターに戻すとピッタリ元の量でした。
この時は、水温が上がって水が膨張し、リザーブタンクに逃がした後、何らかの原因で水が戻らなくなっているのだろうと考えました。
原因は、まず考えられるのがラジエターキャップかな?と。

もう1998年の製造から18年が経過しているので悪くなっても不思議ではないけど、そうそう悪くなるものでもないような気がします。

この時は、もう一度次の機会に確認を、ということにして様子見しました。

次の機会は、今年の春キャンプ。
川湯まで職場仲間5人5台でキャンプに行った後、同じく常温のリザーブタンクを確認すると、やっぱり水位は上がってる。
走行距離がしまなみほどではなかったので、水位上昇分は前回より少なかったですが、やはり上蓋まで1/3ほど上昇しています。ラジエター上部も同じく空間が。

ということで、この時にラジエターキャップを交換しました。
これで直るだろうと思いながら、今回のしまなみツーリング後の再確認・・・







やっぱり直っていません。

ラジエターキャップが原因でないとすれば、冷却水が戻っていないのではなくて、押し出されているのか?
ということはヘッドガスケット漏れ?

ガス漏れが原因なら、このままではいつかリザーブタンクから冷却水があふれ出すことになります。

早速、ヘッドガスケットとシリンダーベースガスケットを発注、入手しておきました。




もうすぐ12月、バタバタする年末を迎え年内作業はムリですが、寒いけど年末年始休みか1月中にでも作業をやります。
シリンダーやピストンがどうなっているのか?はたして直るのか?楽しみです。
11 : 14 : 04 | バイクメンテ | コメント(0) | page top
エンジン警告灯が点灯(汗)
2016 / 11 / 20 ( Sun )
平成13年から15年が経過したうちのデュエットさんですが、先日、走行中に突然エンジン警告灯が点灯しました。




こんな警告灯、歴代の車でも、いままで点灯したことございません。
走行距離は約13万km、多く走っているといえば走っていますが、まだまだ現役で十分満足しております。

しかし、点灯した警告灯がエンジン部分だけに、止まってしまうのでは?とか、壊れてしまうのでは?とか思いがちですが、どちらかというとオレンジ色警告なだけにすぐにどうの、ということはないようです。

O2センサーなど、各センサーの状態を元に最適な燃調を行っているようで(賢いっ!)、センサー異常で信号が得られない時は一番条件の悪い燃調で走らすようなので、燃費が悪くなるみたい。

大事なのは赤色警告灯、サイドブレーキやシートベルト、油圧、水温、充電異常など、重大な故障に繋がる警告灯が点灯した場合はすぐに停車した方がいいようです。

で、トヨタさんの診断によると、O2センサー故障で交換が必要、とのこと。
センサー1個の交換ですが、諭吉さん1人と交換になりました。

部品の入荷は木曜なので、来週土曜の交換作業になりました。

帰宅後、調べてみるとデュエットさんのO2センサーは2個あるようですが、そのうち1個が悪くなって交換ということなのか?
来週行ったら聞いてみよ。
16 : 41 : 24 | デュエットさん | コメント(0) | page top
プラモデル展示会
2016 / 11 / 19 ( Sat )
先週、11月13日の日曜日、毎年行われている、チームオーバーレブというプラモデル制作クラブの展示会に行ってきました。
このクラブは、和歌山模型という模型屋さんの常連さん達で運営されているクラブです。

私も小学生から高校生までプラモデルの製作大好きな子供でした。小学生高学年の頃はスーパーカーブームでスーパーカーのプラモデルに夢中になったり、中学生からは本物に忠実に作るように複雑に細かいところまで色を塗ったり、情景ジオラマを製作したりとプラモデルではよく遊ばせてもらいました。

当時は私も和歌山模型の常連だったように思います。

大学生の時は2つか3つ、F1を作ったり、実物にハマってたバイクを作ったりしましたがそれっきり。

ある時、地域情報誌でそんなプラモデル展示会があることを知り、それから毎年見に行くことにしています。たぶん、今年で3回目。

車があったり、バイクがあったり、戦車があったり、製品化されていない模型があったりで、結構楽しんでます。

懐かしいF1のウイングカー、車体下面の全面でダウンフォースを得るためフロントスポイラーはありません。





こんな車に1度でいいから乗ってみたい。




などなど、皆さん上手に制作されています。

最後に、簡単なアンケートに答えて、抽選で粗品が当たります。今年はアタリ!、ミニ四駆の完成品をいただきました。
また来年、楽しみにしています。
11 : 01 : 24 | 日々のできごと | コメント(2) | page top
飲みスケチームで明石焼き!
2016 / 11 / 06 ( Sun )
昨日はいい天気で、前回の6月以来の飲みスケチームで昼間っから明石焼きで一杯でした。
いつものメンバー、退職された先輩2人と来年退職の先輩、4人で朝から電車でお出かけです。

新快速で11時半過ぎに明石に到着。
早速、魚の棚商店街へ行きます。




どのお店が美味しいのか?わからず適当に飛び込み、明石焼きとビールで乾杯です。




お店は「よし川」、地元ではどういう位置なのかわからず・・・
後で周辺をウロチョロしたら「きむらや」ってとこが一番並んでました。失敗だったのか?次回は「きむらや」で。




その後は駅近所で焼きあなご丼を食べて、行ったことなかった明石城へ行ってみました。
天守閣はありませんが、大きな公園になっています。

本丸からの眺めです。
駅が正面に見えます。




明石大橋もすぐそこ。




駅まで戻って、今度は神戸元町の中華街に寄ってみました。
なんか小腹がすいたようで、餃子を食べました。

そこで解散、帰宅は19時ごろでした。

ところで、今回は電車での移動でしたが、いつもはICOCAで乗り降りするのですが、出発前に駅員さんに、明石まで往復するが特別切符のようなものはないか?と聞くとこういうのがあります、と教えてくれました。

「秋の関西ワンデイパス」という切符で、西は上郡、北は篠山口、敦賀、西は柘植、南は和歌山とかなりの広範囲で移動が可能です。




今回も1日乗り放題で3600円と通常の明石往復より700円ほどお安くなりました。
こんな便利な切符、あまり宣伝していませんが、たまにあるのね。
17 : 16 : 05 | お散歩 | コメント(0) | page top
| ホーム |