windowsバージョンアップ!
2016 / 04 / 30 ( Sat )
発表されて約9か月たちましたが、windows7で機嫌よく使えているソフトがバージョンアップすることで、不具合を起こしたり、使えなくなったりするのを恐れて今までそのまま7で使っていました。

ゆっくり検証する時間もなかったし、7でも十分満足しているし、でしたが、これからはサポートも切れてくるだろうし、どこかのタイミングでバージョンアップを考えていました。

時間取るならGWしかないので、本日バージョンアップでwindows10に変えてみました。今さらですが・・・

バージョンアップ後でも1ヶ月以内なら元のOSに復元できるようです。この間にソフトが使えるか、とか使い勝手とか検証してみます。
とりあえずよく利用する、GARMIN MapsourceやDVDほにゃららとかB'srecorderその他なんかは不具合なく使えるようです。一部にはDVDほにゃららは使えなくなるとの情報がありましたが、不具合なく使えています。結構古いバージョンのものなのですが、そんなんも関係あったりするのでしょうか。

一応インストールメディアも作っておきました。回復ファイルも作っておかなくてはなりませんね。




使い勝手も、デザインなんかは変更されていますが、今のところ何ら変わりはありません。これでしばらく使ってみます。
16 : 10 : 45 | 日々のできごと | コメント(0) | page top
湯村温泉でほっこり♪
2016 / 04 / 24 ( Sun )
4月22日
年度末の上チビ引越しに続いて、自分の異動引越しでバタバタした年度末から年度初めでした。初めての職場で、まだまだ仕事をしている感覚ではなくて、1年生勉強中の勤務時間中も何とか自分なりにこなしていこうと奮闘中です。
新年度が始まって3週間たって、ようやく少し落ち着けるようになってきましたので、今後の充電に、と温泉でゆっくりすることにしました。

温泉チョイスはスッキリ湯の湯村温泉です。今回はデュエットさんで行きます。
もう何度か訪れています同じ宿ですが、露天風呂もあってお気に入りです。

朝はもっと早く出るつもりでしたが、寝過ごしたっ!
結局8時半に出発、和歌山ICから阪和道に乗るのですが、雄の山トンネル抜けて、あっ!忘れ物・・・
無ければ宿泊に影響するものなので、仕方なく阪南ICで下りて引き返し、ついでにキャンプ用ストーブとコッヘルセットを一緒に持っていきます。

これで1時間ロスしました。結局9時半に再度阪和道に入ります。

近畿道、中国道で滝野社ICで下りて、R175、R427で北上します。11時過ぎでしたので、本当は青垣か養父あたりでランチを、と思ってましたが、弁当でも買ってどこかのベンチで食べることにしました。

R427の道の駅R427かみ、ちょうど12時過ぎに着いて隅っこにベンチもありましたので、ここでランチにします。




小さい弁当と一緒にちょっとしたカップ麺を食べます。ここでストーブとコッヘルの登場。
外で食べるとおいしいですね。

R427からは青垣で北近畿豊岡道で和田山を過ぎて八鹿までほぼ無料の高速です。八鹿でR9に合流しました。
R9を黙々と走って、15時過ぎに湯村宿に到着しました。

いつものお約束ですが、まずは荒湯まで行ってみましょう。
高速からもたくさん咲いているのが見えましたが、この辺りはまだまだ山桜なんぞが咲いています。
これはまた違った桜なんでしょうか?たくさん咲いていました。




荒湯でゆで卵つくりましょう。約11分やそうです。
説明書きでは15分とありましたが。




11分でいい具合にできました。ちょっと冷ましきれないまま殻をむいたので、あまりきれいにむけませんでしたが、お味は・・・ゆで卵。

ぶらっとして宿に戻り、温泉を楽しんだ後は夕食です。




食後もぶらっと荒湯まで。昼の石階段とは違った雰囲気でした。




おやすみ-zzz

--------------------------------------------------------------------------------------------------
4月23日
次の日は朝から温泉につかって目を覚まします。

朝食を食べて9時過ぎに帰路につきます。昨日、温泉街近くのお肉屋さん、「はまだ」で但馬牛のスジ肉と生コロッケ、生ミンチカツをお願いしていましたので取りに行きます。

その後は再度R9を南下、所々の道の駅に寄りながら関宮の酒蔵に寄ります。

銀海酒造です。ネットで調べてみると、この辺りの北兵庫には何軒か酒蔵はあるようで、それぞれHPもあったりで調べてみると、銀海酒造がなぜか気になったので寄ってみることにしました。




買えるかどうかもHPではわかりませんでしたが、行ってみると昔ながらの造り酒屋の雰囲気です。
今でもこの釜でお酒を作っているそうです。この釜だけのようなので、大量生産ではないようです。ここのお母さんが対応してくれましたが、やさしそうなお母さんでした。古くからの酒蔵で、このあたりはいい水が湧くそうです。




いくつかあるお酒の中から、純米吟醸の生しぼりたて「寺田」というお酒を1本お願いすると、冷蔵庫から出してきてくれました。
おいしそうな加熱していない生酒だそうです。




いいお土産も出来ました。
帰路は八鹿から北近畿豊岡道で途中、道の駅但馬のまほろばに寄って、春日から舞鶴若狭道、中国道、近畿、阪和道で帰宅しました。
ゆっくりできた温泉ツーリングでした。

全走行距離:591km
平均燃費:16.5km/L

ルート



10 : 19 : 20 | ツーリング | コメント(0) | page top
ZRXメンテ2016【クラッチラジアルマスター】・その3
2016 / 04 / 17 ( Sun )
ホントちょっとずつしか進みません。
休日もなんやかんや、でまとまった時間がとれない年度初めです。もう少ししたら時間とれるのかな?

今日はクラッチラジアルマスター本体にクラッチスイッチとピポットピンを取り付けました。




ピポットピンはブレーキ側とお揃いです。元はといえば、このピポットピンが南海部品開店セールの時にワゴンセールで税込み500円だったのが今回交換のきっかけです。
そのうち替えるからとその時にピポットピンだけ買ったのです。




それがその・・・1週間後にはほぼ部品が揃っていました。

スイッチもブレーキ側と同じ、端子で端末処理して熱収縮チューブでまとめています。




これがいつ車体へ取り付けできるのか?
たぶんGWには作業できるかな(笑)
18 : 59 : 03 | バイクメンテ | コメント(2) | page top
ZRXメンテ2016【クラッチラジアルマスター】・その2
2016 / 04 / 09 ( Sat )
前回に引き続き、クラッチスイッチ用のリレーとその接続配線を作ります。

今回のリレーは、元々3極スイッチになっているノーマルのクラッチスイッチを、今度のGALESPEEDクラッチスイッチの2極スイッチで使用するためのものです。

ネットで下調べをすると、皆さん同じようなことを考えていらっしゃったようで・・・

概略はこんな感じです。




どこかで12V用のリレーを入手しようと思っていましたが、下調べで皆さんいいのご存知で、エーモンのコンパクトリレーというものを使わせていただきます。
車体側の配線色とリレーの色線を間違えないように接続しましょう。




配線接続考えながら、車体側の寸法も計測しながら、リレーの設置場所を検討して、簡単な配線図を書いてみました。
配線なので、取り外しを考慮してカプラや端子を利用して接続、切り離しを簡単にできるように工夫しました。




まずはリレー側から、黒線と青線を赤白黄3本出ている側へ取り回して、黒と黄のアース線をまとめます。青線には平端子、赤白黄3本はカプラとしました。




次はリレーとGALESPEED2極クラッチスイッチとを接続する配線を作ります。車体側は3極の110型カプラのメス側なので、配線片側は3極の110型カプラのオス側を取り付けます。この黒白黄3本がリレーの赤白黄3本と接続されます。




次はスイッチと電源、青はスイッチとリレー、赤は先日カウル内に取り付けた電源取り出し端子とスイッチに接続します。
計5本の配線を1本にまとめるため、熱収縮チューブを利用しました。




出来上がったリレーユニットと配線がこれです。
カウル内リレーとクラッチスイッチを絶妙な長さで接続できる・・・と思います(笑)




接続はこの通り、カウル内に設置され、赤は電源に接続します。




次はいよいよクラッチマスターとホース、リレーを車体へ取り付けます。下調べでは、いろいろ障害があるような記載がありましたが、やってみないと分からない部分もあります。できるだけ準備をしていますが、はたして上手くいくのでしょうか?
それより、忙しい新年度・・・いつ作業できるか未定。

そのうち報告できると思います。

14 : 04 : 46 | バイクメンテ | コメント(2) | page top
ZRXメンテ2016【クラッチラジアルマスター】・その1
2016 / 04 / 03 ( Sun )
今年の年明けあたりから、ちょっと小マシなコンデジを入手しようと企んでおりました。スペックは1インチセンサーでしたが、これがまた結構高価で・・・
いろいろと価格.comなんかで再安価格の確認をしていますと、どこが底か分からない状態になってきます。
そうこうしているうちに、1日で価格が高くなってしまったり、お目当てのお店が品切れになったりで入手時期を見失ってしまいました。

そのうち、ラジアルクラッチマスターが欲しくなって、ブレーキとお揃いのものを買ってしまいました。ちょっとお安くなってたので、コンデジがクラッチマスターに化けてしまいました。

クラッチもブレーキ側と同じく、GALESPEEDのVRC φ17.5 レバー可変レシオ18-16mmにしました。

このマスターシリンダー本体とは別にいろいろなパーツが必要になります。別置きタンクやステー、この機会にとクラッチホースまで。ホースにはフィッティングが付属されていないので、それもまた最適な角度のものをチョイスしたりで、パーツ数はたくさん。




そしてここが問題。
ノーマルのクラッチ側にスイッチが付いてあって、このスイッチが端子3極なんです。これは、ニュートラルでない場合、サイドスタンド出ている時にクラッチを繋ごうとするとエンジンが止まる、のと、ニュートラルでない場合、クラッチ握らないとセル回らない、ためのスイッチです。
これが、GALESPEEDのクラッチ用スイッチはomronのマイクロスイッチを使用しているようですが、元々3極のものを真中の端子をチョン切って2極にしているのです。




チョン切らずにそのままにしておいてくれれば、車体側の線を選んで繋ぐだけでOKなのですが、2極を3極に使うためのリレーが別に必要となります。

そのためのリレーを購入したり、3極カプラーを購入したりで、電気工事も必要となりました。

さしあたって、車体側の+側電源が必要なため、ヨシムラのテンプメーター用に取っている+側電源を2つに分けるように配線を作ってみました。







これを車体側メーターの前方へ設置しておきます。




これでいつでも電源取り出しOK、次はスイッチ用リレーとその配線を製作します。
18 : 53 : 34 | バイクメンテ | コメント(0) | page top
| ホーム |