KSR2のキャリパーオーバーホール!
2018 / 08 / 18 ( Sat )
8月11日(土)

うちに来て10年目になるKSR2です。1998年が最終製造年のB6、たぶん製造から20年が経過していますので、走行距離は7878kmですが、ブレーキに少し不具合があることからキャリパーのオーバーホールをしましょう。

ZRXと違って交換部品費用も安価です、片押しシングルディスクですからね。







まずはフロントから、マスターシリンダのフルードを抜きます。後で思ったのですが、抜かずにいても良かったかな?と思います。マスターシリンダのエア抜きに苦労しましたので。




キャリパー本体を取り外し、が、ディスクとホイールの間の距離がないのですんなり取り外すことができません。マニュアルには「パッドとディスクの間に十分な隙間を設けて外す」とあります。




分解後のキャリパー内部状態です。やはりシールの溝には固まったフルードのカスがこびりついています。




分解洗浄後の部品類。




シールの溝をZRXの時と同じように先を曲げた精密ドライバで削り取っていきます。やっぱりこれが一番時間がかかるし傷をつけないように作業するので気を使います。
ある程度の腐食様の部分は仕方ないとしてきれいになりました。




今回はシール等ゴム類すべて交換します。




各ゴム部品と可動部にシリコングリスを塗って組み込みましょう。
キャリパー完成。




次に、今回はブレーキングで気になっていたブレーキディスクを交換します。




原因はわからないのですが、どうやら歪があるようです。低速のブレーキングでブレーキレバーに衝撃が伝わります。フロントを浮かせてディスクに基準になるものを添わせて回転させると、あるところで最高2mmぐらい歪んでいるように思います。
なので、今回思い切って交換します。そのうち欠品になるかもしれないので。




新しいディスクは回転溝もなくきれいです。
ディスク取付ボルト4本もトルク管理して交換。同時にキャリパーも組み込み、ブレーキフルードも苦労しながらエア抜きしてフロント完成です。




夕方から所用のためいったん中断。明日また作業します。

------------------------------------------------------------------------------------------------

8月12日(日)

朝から作業、リヤに行きましょう。
こちらもゴム製部品を交換します。




取り外しはフロントと違って簡単です。




シール溝の状態はこちらの方が酷かった。フルードの固まりは同じですが、錆びも出ていますから。




同じく分解洗浄後の各パーツ。




キャリパー内部もきれいに清掃、カス取りで組み込み後のキャリパーです。きれいになりました。




リヤも組み込み完了。リヤはブレーキフルードを抜かずに行いました。フルードが漏れてこないようにリザーバータンクと同じぐらいの高さで固定しておきました。これによりエア抜きが相当楽でした。




今回はもうひと部品。スピードメーターケーブルのクランプガイドを交換します。なぜかというと2本ある根元のうち1本が振動か何かで破断しています。以前に1度同じ症状が出て知り合いにお願いして溶接してもらいましたが、再発です。




でKSR2のパーツを検索しましたが残念ながら欠品っ。車体が同じようなKSR110のパーツが合うかも?と調査してみると、やっぱり同じような形状で取り付けできそうなので流用しました。




ただしカラーはメッキからブラックの塗装になりました。そして、やはり強度に問題があったのか、プレートで補強されています。これで再発はないでしょう。




これで完成。少し試走しましたが、ブレーキングの状態は気持ちよくなりました。
また近いうちKSRでキャンプ行こうかな^^
11 : 01 : 03 | バイクメンテ | コメント(0) | page top
夏のヤマセミ温泉キャンプ!
2018 / 08 / 08 ( Wed )
台風12号による出勤の代休を6日月曜にもらって、5日から6日で龍神のヤマセミ温泉キャンプ場へ行ってきました。
連日の猛暑でできるだけ近場で涼しいところ・・・というだけで決めました。

自宅を出る時は昼過ぎでしたのでもちろん酷暑。約2時間かけて着いたキャンプ場もそんなに変わらず、暑い中、デッキに寝床と外に露よけのタープを設置しました。




タープの陰で一休みしていると涼しい風が流れます。
しばらくすると山の影も伸びて直射日光はなくなりました。




暑かったですが温泉も楽しんで、食事とお酒。ようやく少しだけ涼しくなってきました。

焼酎をいただこうとしたときカップを忘れたことに気が付いて、シェラカップで焼酎の水割りをいただきました。何とかなるもんです。




焚火も少し楽しみましたが暑かった。夏はやめた方がいいかも・・・
早い目に寝床に入ります。zzz


が、やはりテントの中は少し暑くて寝苦しく、もちろん寝袋なんて不要。でしたが、3時頃肌寒さで目が覚めて寝袋に入りました。
ようやく少しだけぐっすり眠れたような気がします。

すでに明るくなった5時半に起床。

片付けながら朝食の上チビに買ってきてもらった徳島ラーメンの棒ラーメンをいただきます。




ネギとモヤシとチャーシューを入れたんですが、これがまたなかなか美味しかった。

その後は早い目撤収で7時20分ごろ帰路につきます。
ちょうど2時間程度で帰宅して、やっぱり暑い中キャンプ道具を片付けて、今回のキャンプも終了です。

やっぱり真夏のキャンプは暑いと再認識、ですが、信州方面の標高の高いキャンプ場ならもっと涼しいんだろうな。
そのうち・・・
22 : 17 : 42 | キャンプ | コメント(2) | page top
エアコンガスチャージ
2018 / 07 / 29 ( Sun )
梅雨入り前の晴天時、セリカちゃんのエアコンの効きがあまりよくありません。
高速走行はいいのですが、街中渋滞では背中にジワッと汗をかく状態です。

たぶんエアコンガスが少ないのだろうと思います。

ガスチャージは一夏超えの涼しくなってからと思って、しばらく放置していましたが、ネット検索で簡単にできることが判明。
参考にしたページはここ→カーエアコンガスの補充方法

しかし専用のゲージ付きガスチャージホースが必要です。
ちなみにH3年式のセリカちゃんは元々R12の冷媒ガスですが、何年か前にR134aが使えるようにレトロフィットを実施しています。なのでガスは今はまだ安価なR134aが使用できます。

いつものアストロで問い合わせも近隣店舗では品切れ状態でした。どうりで6月7月の特売チラシに掲載、さらにこの猛暑では売れ行き好調のようです。
調べてもらって、唯一、河内長野店に先週の土曜か日曜に数量限定で入るとの情報から河内長野店で入ったら連絡いただけるようお願いしていましたが、先週は入荷なし。
火曜に入荷の連絡をもらって取り置きで金曜の振り替え休日にようやく取りに行くことができました。

しかし土曜は台風接近で作業は今日の日曜午後になりました。

R134aガスもちょうど金曜から特売で1缶290円。今までは難しそうな作業だと思っていて、ほんとうにこれで補充できるのか?半信半疑で作業開始です。

今回入手したガスチャージホースとガスです。




説明に従って低圧側Lの接続ポートを使用します。




まずガスを接続して、続いてポートに接続。エンジンをかけてエアコン全開にしましょう。




ここでの圧力はFULLの下限です。入っても1本でしょう。




ガスに穴を開けて充填します。ガス缶は圧力放出で冷たくなりますが手で温めたり振ったりで系内圧と平衡したのがFULLの上限でした。




ちょうど1本でいけましたよ。
アイドリングの状態ですが冷気が吹き出されています。とりあえずこれで今夏は乗り越えられるでしょう。
作業開始から30分、こんなに簡単にできるとは思っていませんでした。

そのうちデュエットさんにも使えるのでしょうか。大気開放しないなど、法令順守で乗り越えます。
14 : 33 : 20 | セリカちゃん | コメント(0) | page top
台風12号接近!
2018 / 07 / 28 ( Sat )




7月6日出勤の代休を27日金曜にもらって3連休で信州から群馬のキャンプツーリングを計画していました。
発生前から気になっていた熱帯低気圧が、残念ながら、直前の25日に台風に変わり進路を北に関東直撃ルートを取る予報が発表されました。

今まで猛暑で一粒の雨どころか曇りの日もない晴天が続いていたのに・・・
気象神社か貴船神社にお参りしようか。

キャンプ計画は一旦延期としました。

そして、現在の台風ルートは関東方面から大きく逆曲がりをして近畿を直撃するルートの予想です。雨はどうなのか?風はどうなのか?気になるところですが、7月豪雨の被災地が二度の被災地にならないことを願います。

今日の夕方以降、また出勤か・・・
09 : 11 : 08 | 日々のできごと | コメント(2) | page top
キャンプ用サイドバッグの取付方法
2018 / 07 / 17 ( Tue )
MotoFizzのTOUR-SHELLCASE2を導入してZRXの取付しましたが、やはり車体の形状により少しハの字になります。
そこで、ミミオさんがやってたのと同じ方法でハの字解消したいと思います。

作業は昨日日曜、気温も高く直射日光の当たるいつものガレージ前作業場で作業する気になれず、裏に回って日陰で作業しましたが、それでも暑かった。

まずはホームセンターで板材を購入。今回購入したのは、桐の幅200mmの12mm厚の板材で(一番安く軽かった)、そこから380mmの長さに切り出しました。




これをシート上のベースの上に乗せて左右のバッグを取り付けます。

少し長かったようなので、あと10mm短くして370mmにしました。
大きさが決まったところで仕上げます。切り口などサンドペーパーで均して、角はサンダーの木用ディスクでアールを取りました。




そして、せっかく板を乗せていくのだからこの板を何かに使えないか?と考えて、簡易折りたたみテーブルにしてみました。

材料は100均、折りたたみ椅子のシートを剥がしましょう。




これまた100均の吊り下げフック、DAISO製です。




これを板に取り付け、テーブル高さをだいたい150mmになるように、左右対称になるように金具を取り付け。固定側の金具は通しになっているので、足の真ん中一部でかしめている部分を外しました。




これで折りたたみテーブルの完成。




取付状態は少し高くなりますが、テーブルが一つ増える分いいでしょう。シート部分が痛まないようにタオルでも挟もう。




あとは仕上げに板を塗装しようかと思っています。何がいいかな?
23 : 00 : 10 | 日々のできごと | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>